おすすめのドッグフード比較

中型犬向けドッグフードの選び方・おすすめフード&口コミを解説

498view

2019.05.13

中型犬のドッグフードの選び方・必要な視点

現代では多くの家庭で家族として暮らしている犬たち。愛犬家に向けて多くのメーカーから数々のドッグフードが発売されています。

数えきれないフードの中からどれを選ぶかは飼い主次第。愛犬の年齢や体格、価格など様々な観点からフードを選ぶ必要があります。

犬種も多く、小型犬と共に人気のある中型犬。そんな中型犬におすすめのドッグフードを

  • コストパフォーマンス
  • 食いつきの良さ
  • プレミアムフード

に分類してご紹介します。

中型犬ってどれくらいの大きさ?

犬は小型犬・中型犬・大型犬と3タイプに分けることができます。さらに、フードの対応サイズには、「超小型犬」や「超大型犬」などと細かく分けて表記されていることもあります。

それぞれ厳密に何kgから何㎏までといった区分はありません。一般的に10㎏前後から中型犬と呼ばれることが多く、20㎏を超えたあたりから、大型犬と呼ばれるでしょう。

中型犬は特に、見る人によって判断が変わってくるものです。柴犬などを思い浮かべてみるとよくわかるかもしれません。小ぶりな柴犬であれば小型犬と言うこともできますが、一般的には中型犬とみられます。

中型犬は特に判断が曖昧な部分もあり、それゆえにフード選びについても悩むことがあるのではないでしょうか。まずは、体重をしっかりと把握しておくことがフードを選ぶときの一番の目安となるでしょう。

柴犬のほかに代表的な中型犬種は、コーギー、ビーグル、シェットランド・シープドッグ、アメリカン・コッカ―・スパニエルなどが挙げられます。

ドライと半生タイプの違い、メリット・デメリット

ドッグフードには、様々なタイプがあります。その種類には

  • ウェットタイプ
  • 半生タイプ
  • ドライタイプ

上記のようないろいろなタイプが発売されていますが、一般的にドッグフードはドライフードが良いとされています。

そこでドライと半生タイプの違いについてご紹介します。

ドライタイプ

含んでいる水分量が10%程度のフード。

保存期間が長い・歯石がつきにくい・比較的安いことがメリットです。

デメリットとしては水分摂取量の不足、高齢犬には硬いなどが挙げられます。

半生タイプ

水分を20~35%程度含んでいるフード。

柔らかく高齢犬でも食べやすい・ドライフードほど乾燥していないので風味が上がり、食いつきが良い点がメリットです。

歯石がつきやすい、保存期間が短い、添加物が入っていることが多いなどがデメリットとなります。

中型犬に適した粒の大きさとは

中型犬のフードの粒の大きさは、中粒と表記され、中型犬と大型犬どちらも食べられるくらいのサイズで作られていることが多いです。中型犬でも小型犬用の小さい粒のサイズを好む犬もいれば、小さすぎると逆に食べづらいという犬もいます。

愛犬にとって食べやすい粒のサイズを選んであげましょう。高齢犬でない場合は噛む力も弱っていないので、ある程度噛んで食べるくらいの粒の大きさのものを選んであげると、歯石の沈着も抑えることができおすすめです。

年齢に合ったフードを

中型犬は運動量も多く活発に動く犬種が多いものです。そこで気を付けたいのが栄養素。運動をするにはしっかりとした筋肉が必要。筋肉を作るにはタンパク質が必要不可欠です。高タンパクなフードを選んであげることが重要でしょう。

また、年齢に合ったフードを選ぶこともポイントです。子犬のうちは多くのカロリーを必要とするので高カロリーなフードが必要ですが、高齢になると、消費カロリーは減ります。

ですが、ただカロリーを抑えただけのフードでは栄養不足になってしまいます。また、高齢になると免疫力も低下しやすくなってくるので、それらを補ってくれるようなフードがおすすめです。

全年齢対応のドッグフードの場合は、量を変えることで摂取カロリーを調整することになります。

コスパ重視で選ぶ中型犬ドッグフード

数多くのドッグフードが発売されている中で、価格にも大きく違いがあります。

毎日食べることになるドッグフード。家計への負担を考えると、できればコスパの良いフードを選びたいですよね。そこで、リーズナブルでおすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介します。

No3. ヒルズのサイエンス・ダイエット ドッグフード アダルト 1歳以上 成犬用 チキン

「米国獣医師推奨No.1」のフードとして知られているヒルズの製品。健康バランスに優れ、自然素材を使用していることが特徴です。

ヒルズは製品に自信を持っているため、「満足保証」を実施しています。これは万が一愛犬が食べなかったり、製品に満足がいかなかったりした場合には、全額返金してくれるという制度ですので安心です。

ビタミンC、ビタミンAと言った抗酸化物質を含んでいるので、老化を防ぎいつまでも健康的な体作りが行えます。大きめの粒でしっかり噛む力を鍛えることもできるフードです。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

大粒

対象年齢

1~6歳 成犬用

主原料

トウモロコシ、小麦、トリ肉(チキン、ターキー)、動物性油脂、コーングルテン

原産国

チェコ

内容量

3.3kg

価格

Amazon:2,260円(税込)

楽天:      3,768円(税込)

備考

原産国が変更になる可能性あり。都度確認する必要があります。

いい評判

・食いつきが良く、便の状態も良い。

・サイエンスは人気のメーカーなので安心してあたえられます。

・性能のわりに価格がリーズナブル。

悪い評判

・パッケージも全て似ていて間違えやすい。

・粒が大きめで、うちの犬の口には合わない様子だった

1日当たりの量

コスパ

170g/日 (10kgの中型犬)

約116円/日

No2. ファーストチョイス ドッグフード 成犬 1歳以上 中粒 チキン

ファーストチョイスも獣医師が栄養バランスを調整した栄養価の高いフード。低脂肪高たんぱくである鶏肉をふんだんに使用しています。また、着色料や発色剤は一切使用していない安全性の高い製品です。

健康的な皮膚と美しい毛艶を保つのに役立つオメガ3・オメガ6 脂肪酸を含んでいます。

ファーストチョイスに配合されているL-カルニチンは、エネルギー代謝をサポートし、運動量が多く活発な中型犬にはぴったりです。

リーズナブルな価格のフードは穀物を多く使用している物が多いですが、「ファーストチョイス ドッグフード 成犬」のドッグフードは主原料の2番目に鶏肉が挙げられています。驚きのコスパながら必要な栄養素が全て入っている高品質なフードであると言えるでしょう。

フードの形状

ドライ

粒の大きさ

中粒(大粒寄り)

対象年齢

1~6歳 成犬用

主原料

コーン、鶏肉、米、コーングルテンミール、鶏脂

原産国

カナダ

内容量

2.75kg

価格

Amazon: 1,127円(税込)

楽天     : 1,301 円(税込)

備考

厳選した鶏肉を使用。鶏肉副産物は不使用。・

いい評判

・鶏肉がメインで値段もかなり安い。

・副産物が入っていないので市販の中では一番良い。

・価格の割に品質が良いので安心。

悪い評判

・初めこそ珍しさで食べていたが、だんだん食べなくなった。

・封をきったら上の部分をチャック式にしてほしい。

1日当たりの量

コスパ

165g/日 (10kgの中型犬)

約67円/日

 

No1. ピュリナ プロプラン 【中型犬・大型犬】成犬用筋肉バランスのサポート[チキン]

理想的な体型を維持するためには、カロリーを消費し、運動量を増やすための筋肉が重要。しっかり食べてしっかり消費するという考えのもとにタンパク質を強化したフードになっています。

犬は腸が短く、消化の良いものを食べるのが良いとされています。「ピュリナプロプラン」は穀物や乾燥した肉ではなく、厳選された新鮮な肉を使用しているため消化も良いフードです。直接粒に練り込む製法で、鮮度が高くおいしく作っているので食いつきもアップ。

獣医師・栄養士など500人以上の科学者が研究開発し、実証されている栄養バランスの良いフードです。

1番に挙げられる原材料はもちろんチキン。やわらかさと噛み応えのどちらも楽しめるほぐし粒で、口腔の健康や消化吸収をサポートしています。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

中粒

対象年齢

成犬期

主原料

チキン、米、小麦、家禽ミール、牛脂

原産国

アメリカ合衆国

内容量

2.5kg

価格

・Amazon : 2353円(税込)

・楽天 : 2,129円  (税込)

・公式 : 3,143円(税込)

備考

公式の定期お届け便で10%割引

いい評判

・美味しそうな音を起てて食べている。

・奥歯でしっかり噛んで食べている様子で、歯がきれいになった。

・ほぐしチキンが入っているため匂いも良いし食いつきがとても良い。

悪い評判

・歯や顎の弱い子には少し硬すぎる。

・臭いは薄目なので食べるけど、食いつきは良くない。

1日当たりの量

コスパ

165g/日 (10kgの中型犬)

約140円/日

食いつきがいいと評判の中型犬ドッグフード

せっかくドッグフードを買ってもそっぽを向いてしまっては意味がありません。

愛犬がおいしそうに食べる姿は見ていて嬉しいものですよね。そこで食いつきがいいと評判のドッグフードをご紹介したいと思います。

No3. ユーカヌバ ミディアム シニア 中型犬用 7歳以上チキン

年齢を重ねるとともに、食欲が落ちてくる犬も多いもの。そこでおすすめしたいのが、「ユーカヌバ ミディアム シニア 中型犬用」。口コミでも食いつきが良いと評判です。

品質にはこだわっており、最も多い原材料が穀物ではなく動物性たんぱく質となっています。

筋力も落ちてくる高齢犬にとってタンパク質を摂取することは重要です。さらに、オメガ3・オメガ6 脂肪酸で皮膚や毛艶の維持を、カルシウム配合で骨と関節にも配慮したフードとなっているのでシニア犬の健康維持にはぴったりのフードです。

通販のみならず店頭で手軽に買えるのもメリットだと言えるでしょう。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

中粒

対象年齢

7歳以上

主原料

肉類(鶏、七面鳥)、とうもろこし、小麦、動物性油脂(オメガ-6不飽和脂肪酸源)、とうもろこし粉

内容量

2.7kg

価格

Amazon: 4,980円(税込)

楽天: 2,935円 (税込)

備考

シニア期に適した総合栄養食。

いい評判

・食いつきがよくガツガツ食べる。

・催促するほど食いつきが良く健康維持にも最適。

・ずっと食べているが11歳になっても毛艶が良く健康。

悪い評判

・便が少し柔らかくなった

・脂質が若干多い。

1日当たりの量

コスパ

約144g/日 (10kgの中型犬)

約156円/日

No2. ソルビダ(SOLVIDA) ドッグフード 室内飼育成犬用(インドアアダルト) チキン

「ソルビダ(SOLVIDA) ドッグフード 室内飼育成犬用」はオーガニック素材にとことんこだわったフード。大切な愛犬にも、人の子供と同じように安心で安全な食材を使うというコンセプトのもと作られています。

着色料や合成調味料、甘味料、保存料、防カビ剤などの添加物は一切使用していません。

鶏肉を原材料のメインとして使っているためタンパク質の摂取もしっかりとでき、消化吸収もサポート。カロリーも抑えてあるので室内飼育で運動量が不足気味の犬にもおすすめです。

とにかく食いつきが良いとの口コミも多く、万が一食べなかった場合には全額返金もしてもらえるので、グルメな愛犬にも安心して試してみることができますね。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

小粒

対象年齢

1~6歳 成犬用

主原料

オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦、オーガニック乾燥豆類

原産国

アメリカ

内容量

3.6kg

価格

Amazon:3,780円(税込)

楽天    :3,780円(税込)

備考

返金保証は実店舗での購入のみ。

いい評判

・すごく美味しそうに食べ、大好きな様子。

・圧倒的に食いつきが良い。

・オーガニックで安心

悪い評判

・品質は良いが価格が高い。

・便の匂いが少しきつくなった。

1日当たりの量

コスパ

194g/日  (10kgの中型犬)

約203円/日

 

No1. サクラペットフード ドライフード

「サクラペットフード ドライフード」は主原料に新鮮な国産肉を使用し、国内工場で生産。

そのため防腐剤や酸化防止剤を使用しておらず、新鮮なままのフードを愛犬に与えることができます。小分けタイプになっているので酸化したフードを与える心配もありません。

骨や皮・内臓などは含まない国産牛を主原料に使用。そのためプレミアムフードに分類され価格はやや張りますが食いつきが抜群だとの口コミの多いフードです。

お腹に良い乳酸菌、関節に配慮したグルコサミン・コンドロイチン、皮膚や毛艶の維持を助けるオメガ3、6脂肪酸など様々な栄養素がバランスよく配合されています。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

小粒

対象年齢

全年齢

主原料

肉類〈ビーフ(骨・皮・内臓を含まない)、豚レバー、鶏レバー、チキンエキス〉、とうもろこし、小麦粉、コーングルテンフィード、動物性油脂

原産国

日本

内容量

800g

価格

・Amazon:1,480円(税込)

・楽天   :1,480円(税込)

・公式   :1,480円(税抜

備考

公式HPにおいて1回3個以上の定期購入で1480円→980円

33%もお得に!

いい評判

・食いつきが抜群!

・何を与えても食べなかったがこのフードは驚くほどよく食べる。

・良い便になった。

悪い評判

・便の量が増えた。

・値段が少し高め。

1日当たりの量

コスパ

225g/日 (10kgの中型犬)

約297円/日(公式定期便使用時)

 

長期的な健康のために。中型犬向けおすすめプレミアムドッグフード

愛犬にかかる食費も気になるところですが、やはり毎日の食事と健康には密接な関係があります。

長期的に健康的な生活を送るために、愛犬には質の良いフードを食べさせてあげたいですよね

そこで、おすすめしたい安心・安全・無添加のプレミアムドッグフードをご紹介します。

質がいいということはそれだけ高価格にもなりますが、上手く活用することで、お得な割引もあるので合わせてご紹介します。

No3. FINEPET'S 新処方ドッグフード大粒タイプ

「FINEPET'Sドッグフード」は、全て人間が食べることのできる原材料を使用しています。

主原料は、アレルギー反応を起こしにくいとされている鹿肉・鶏肉・鮭肉などの良質なタンパク質。なんと、肉類主原料が8割を占めているフードです。

魚には豊富なEPA・DHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸は皮膚のアレルギー反応を抑制するため、プレミアムフードの中でも特に皮膚アレルギーが改善されたという声が多く見られるのが特徴です。

また、犬は腸が短いので消化吸収の良いフードを与えてあげることが非常に重要です。

「FINEPET'S 新処方ドッグフード」は消化吸収率が87%と、プレミアムドッグフードの中でも特に優れているフードとなっています。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

大粒(小粒も有)

対象年齢

全年齢

主原料

鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂

内容量

4kg

価格

6,995円(税込)
※公式通販サイトのみで取り扱い

備考

・初回お試しパック1.5kg 3,142円(税抜)→ 1,000円(税抜)

・定期配送で9回目までは210円、9回目以降は10%の割引

・節目ごとに回数分の%割引(例:30回目の購入で30%割引)

いい評判

・偏食気味だったが飽きずにずっと食べている。

・毛艶が良くなってきた。

・苦労していたアレルギーがほぼ出なくなった。

悪い評判

・穀物不使用(グレインフリー)ではない。

・3kg以下だと送料がかかる。

1日当たりの量

コスパ

100~120g/日 (10kgの中型犬)

約174円/日

No2. カナガン

「カナガン」はトウモロコシや小麦など、アレルギーの原因となりやすい穀物を不使用。

原材料の60%を生肉などの動物性のタンパク質で作っているフードで、栄養バランスに優れているのが特徴です。

炭水化物には穀物の代わりに消化の良いさつまいもを使用。

また、サーモンオイルを配合することでEPA・DHAなどのオメガ3脂肪酸も摂取でき、皮膚や体調を整える効果が期待できます。

野菜・果物・海藻・植物などの材料がバランスよく含まれているので、このフードだけで様々な栄養素をしっかりと摂ることが可能。原材料は全てヒューマングレード、安心・安全・健康的なフードです。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

小粒

対象年齢

全年齢

主原料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ

原産国

イギリス

内容量

2kg

価格

・Amazon : 4,968円(税込)

・楽天   : 6,200円 (税込)

・公式   : 4,277(税込)

備考

・定期コース申し込みで10%割引

・まとめ買い割引と併用で最大20%割引

いい評判

・好き嫌いが多いですが良く食べる。

・毛艶が良くなった。

・とても食いつきが良く気に入っている。

悪い評判

・フードの匂いが気になる。

・便が緩くなった。

1日当たりの量

コスパ

90~190/日 (10kgの中型犬)

約192円/日 (1日の給餌量90g時)

No1. アカナ ワイルドプレイリードッグ

犬は本来肉食であることから、「アカナ ワイルドプレイリードッグ」は高タンパク質・低炭水化物・穀物ゼロをコンセプトに作られているフードです。

カナダの大自然で育った肉や魚をメインに使用。

そのこだわりから、全原材料のうちの70%を肉が占めています。

さらにその半分は無冷凍の新鮮肉。カナダに自社工場を持っているアカナは、無冷凍・保存料不使用の新鮮なままの材料を使ってフードを製造することが可能です。

鶏と七面鳥をメインとし、穀物は不使用。必要な炭水化物はフルーツと野菜で補っているので、アレルギーを起こしにくいフードとなっています。

フードの形状

ドライタイプ

粒の大きさ

中粒

対象年齢

全年齢

主原料

新鮮鶏肉(8%)、新鮮七面鳥肉(8%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓)(8%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、

原産国

カナダ

内容量

2kg

価格

・Amazon : 3,758円(税込)

・楽天  : 3,900円 (税込)

・公式  : 6,264円(税込)

備考

公式通販での割引は特になし

いい評判

・アカナにしてから目やにと涙やけに無縁になった。

・お腹の調子が良くなった。

・毎日ガツガツ食べて食いつきが良い。

悪い評判

・お財布に優しいフードではない。

・別の味の方が食いつきが良かった。

1日当たりの量

コスパ

90g/日 (10kgの中型犬)

約169円/日

本日の復習

中型犬用におすすめしたいドッグフードをコストパフォーマンス、食いつきの良さ、プレミアムフードの3タイプに分けてご紹介しました。

愛犬は大切な家族の一員です。健康を維持するためにもなるべく良質なフードを与えてあげたいですよね。コストパフォーマンスも気になるところですが、毎日の食事は健康と密接に関わっています。

年齢、体重、必要な栄養素を考え、愛犬に適したフードを選んであげましょう。そしてなるべく長い間健康で元気な愛犬と共に楽しく過ごしてくださいね。

今回紹介したドッグフード

【コスパ重視部門】

1. ピュリナ プロプラン 【中型犬・大型犬】成犬用筋肉バランスのサポート[チキン] 2. ファーストチョイス ドッグフード 成犬 1歳以上 中粒 チキン
3. ヒルズのサイエンス・ダイエット ドッグフード アダルト 1歳以上 成犬用 チキン

【食いつきがいい部門】

1. サクラペットフード ドライフード
2. ソルビダ(SOLVIDA) ドッグフード 室内飼育成犬用(インドアアダルト) チキン
3. ユーカヌバ ミディアム シニア 中型犬用 7歳以上チキン

【プレミアムドッグフード部門】

1. アカナ ワイルドプレイリードッグ
2. カナガン
3. FINEPET'S 新処方ドッグフード大粒タイプ

柴犬とビーグル

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す