おすすめのドッグフード比較

パピヨンの病気やケガの予防にもおすすめのドックフード!

479view

2018.09.14

パピヨンが抱えやすい病状に注目することが鍵

パピヨンの悩みに合ったドッグフードを選ぶ

 

パピヨンに適したドックフードを選ぶ基準の一つとして、
パピヨンが抱えやすい悩みに注目し選択する方法があります。

これは、パピヨンが抱えやすい悩みに毎日の食事の面から
アプローチをすることで、病気になってから対応するよりも
パピヨンの身体にストレスや負荷をかけずに事前に予防することができます。

パピヨンが抱えやすい悩みに注目しドックフードを選択することは、
病気やケガをした時のコストを含めて考えてもおすすめできる方法だといえます。
パピヨンが抱えやすい病状と、
その予防におすすめのドックフードをご紹介します。

 

パピヨンが抱えやすい病状

 

パピヨンが抱えやすい病状として割合が高いものは、
膝蓋骨脱臼と眼瞼内反症(逆さまつ毛)をはじめとした目の病気です。

これらの病状は、パピヨンを含める小型犬によくみられます。

 

膝蓋骨脱臼とは?

膝蓋骨脱臼の特徴と効果的な成分

 

膝蓋骨脱臼もパピヨンに良く見られます。

英語では、“Patellar dislocation”または“Patellar luxation”と訳すことから
パテラと呼ばれることも多いです。

膝蓋骨とは、膝の部分の皮膚の内側にある円状の骨を指します。
隣り合わせにある太ももの骨には、滑車溝と呼ばれる溝が隅にあります。

この滑車溝に膝蓋骨がはまり、膝は曲げたり伸ばしたりする動きが可能になります。

そして、その円滑な動きを助ける働きをしています。

しかし、パピヨンを含む小型犬は先天的にこの溝が浅く、
靭帯も弱いことが多いため膝蓋骨脱臼を起こしやすいです。

滑車溝の溝が浅かったり、膝蓋骨を維持する働きを担っている靭帯が弱かったりすると、
小さなショックでも簡単に滑車溝から膝蓋骨が外れてしまいます。

その結果、膝の屈伸時に痛みや炎症が生じます。
膝蓋骨脱臼の予防として、関節にかかる負担を減らすことが大切です。

そのために、適正な体重を維持することが重要になります。

肥満は、膝の関節に負担をかけてしまうからです。
注意して覚えていたいのは、痩せすぎている場合にも
膝の関節への負担が生じることです。

筋肉の量が減ると、関節に負担をかけることに繋がってきます。
そのため、日々体重管理をしてあげることが重要です。

膝蓋骨脱臼の予防には関節の働きを助けるグルコサミンとコンドロイチンの摂取が効果的です。

 

グルコサミン

グルコサミンは体の中の様々な組織の弾力性や柔軟性に良い働きをもたらすため、
コンスタントに継続して摂取すると膝蓋骨脱臼を含む様々な関節の疾患を
予防し改善する効果が期待できます。

アメリカでは、1990年代からペット等の関節炎を治療するために用いられるようになっています。

コンドロイチン

コンドロイチンは、関節の痛みに効果的です。関節の伸縮をサポートする働きがあるからです。
コンドロイチンの不足は、関節の様々な症状を引き起こします。

また、体の中における水分の量も調節したり、細胞から排出される老廃物も
外に出したりする働きも担っています。

そして、関節炎などの治療にも用いられ、副作用の心配もありません。

 

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

 

グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂取すると、
お互いの効果を向上させてくれます。

グルコサミンとコンドロイチンは、加齢や、
軟骨に生じる摩擦などの影響で減少します。

そのため、これらの成分を多く含むドックフードを選び、
食事の中で積極的に摂取することをおすすめします。

 

眼瞼内反症(逆さまつ毛)を含む目の病気とは?

眼瞼内反症(逆さまつ毛)の特徴

眼瞼内反症(逆さまつ毛)は、まぶたが目の内側に巻き込まれ
角膜の表面にまつ毛が当たって擦れるため、痛みなど不快な気分になります。

病状によっては角膜が損傷し傷がついたところから、
結膜炎や角膜炎を引き起こす恐れもあります。

かゆみが伴うこともあり、目を擦ることが原因で涙や目やにが出てしまうこともあります。

また、緑内障などもパピヨンを含む小型犬によく見られる目の病気です。

眼瞼内反症(逆さまつ毛)の原因

眼瞼内反症の原因は先天的なものが多いですが、
目の病気や外的要因が原因の傷などの原因により
引き起こされる場合もあります。

外因的な要因として、毛が目に入ることなどから目の病気に
発展することがあるため、注意して観察し、
常に目の周りを清潔に保ってあげることが大切です。

 

眼瞼内反症(逆さまつ毛)の予防

血流の促進のために水分をしっかり取ることが大切です。

涙や目やにの原因として、肝臓や腎臓などの働きが弱まり、
体の中の毒素を体から排出する働きがスムーズではなくなることも挙げられます。

そういう時には特に分解・消化しにくいタンパク質や脂質、
添加物に気を付けて、肝臓や腎臓などの機能に重荷には
ならない消化しやすい食事が重要になります。

目の水晶体には、高い濃度の様々なビタミンが含まれています。
ビタミンの抗酸化の作用により、目は守られています。

また、目の病気にはインスリンの分泌が活発な糖尿病や肥満なども
大きく影響するため、穀物などを含む糖類には注意することも重要です。
運動を習慣づけることも重要です。

 

パピヨンにおすすめのドックフード

モグワンドッグフード

モグワン ドッグフードがおすすめです。モグワンドッグフードは、
愛情を注がれ丁寧に家で手作りされた栄養のバランスが優れたごはんを目標にして、
厳選された材料でバランスの良く作られています。

また、ナチュラルな食材を使用しながら、
食いつきのよさも追求して作られています。

ドックフードのサイズが小粒なため、
パピヨンなどの小型犬で口が小さくても食べやすいです。

獣医学の雑誌にも掲載されました。
2016年に行われたアンケートにおいても
84%の獣医がモグワンドックフードを食べさせたいと回答しました。

試食会においては、愛犬の97.8%が食べ、
93.3%の人が継続したいと回答しています。

モグワンドッグフード:良質な成分の配合

モグワンドックフードは、沢山の野菜とフルーツが入っているので、
ビタミンが豊富です。さらに、鮮度が高くビタミン豊富な
生のチキンとDHAやEPAが豊富な生のサーモンが沢山使用されています。
良質な動物性のタンパク質が50%以上入っています。

質の悪いタンパク質は、分解や消化吸収がスムーズにいかず
内臓機能に負担を与えますが、モグワンドッグフードは、
質のよいタンパク質にこだわって作られているため安心です。

そして、グレインフリーで作られているため穀物を一切使用していません。
分解や消化において、また目の病気においても穀物は控える必要があるため、
グレインフリーは良い影響を与えます。

また、着色料や人工調味料が使用されていないので安心です。
さらに、コンドロイチンも配合されています。

おすすめの食べ方として、簡単なトッピングのレシピも掲載されています。
グルコサミンを含む食材を一緒にトッピングして食べる方法も効果的です。

モグワンドッグフード:安心できる製造管理

モグワンドッグフードは、ペット先進国であるイギリスで作られ、
その中でもさらに信頼と高評化得ているペットフードの専門の工場で製造されています。

豊かな自然を誇るイギリスの地域にある工場で、
欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)が設ける基準を満たしているため
製造している施設に関しても安心できます。

製造のラインも常時モニタリングされていて、最新の設備の中で、
この道の専門の品質を管理するプロが監視とチェックを行っています。
工場に届いた時に行われる厳しい品質テストをパスした原材料のみを使用されています。

モグワンドッグフード:お得なプラン

定期購入をすると、最大20%の割引価格で購入ができます。

また、三袋以上(10,000円)購入すると送料と代引きの手数料が無料になります。

さらに、お届けの周期や個数は選ぶことができ
自分でオンラインページにて変更も可能です。

そして、商品がたまってしまった時などには、休止や再開も
いつでも行うことができるのも便利な機能です。

モグワンドッグフード:安心のサポート

ペット栄養管理士を筆頭に、
ホリスティックケアカウンセラーなどの資格を有する
ペットの健康に関する専門知識を持っているスタッフが常駐し、
不安や疑問などにも答えてくれるので安心です。

 

モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す