おすすめのドッグフード比較

魚を使ったドッグフードはワンちゃんに良い悪い?特徴やおすすめ3選等

568view

2019.03.07

 みなさんは、愛犬のドッグフードをどのように選んでいますか?メインとなる肉類においては、牛肉や鶏肉、豚肉、魚などいろんなものが挙げられます。今では魚メインのドッグフードも増えてきて、愛犬に与えている人も多いかもしれません。

 今回は、そんな魚メインのドッグフードについて詳しく迫っていきます。魚から得られる効果やお肉メインのドッグフードとの違い、メリット・デメリットなどを中心に、おすすめ商品も3つ厳選しました。

おすすめのドッグフードランキングはこちらから

 

魚の栄養素や効果

 魚メインのドッグフードは、お肉メインのドッグフードとは違った効果が期待できます。魚メインのドッグフードは、愛犬をどのように健康的にしてくれるのか、順に見てみましょう。

オメガ3で毛並みが改善

 魚には、オメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。このオメガ3によって、愛犬の毛並みや毛艶を改善することができるのです。ドッグフードの質が悪いと、毛並みや毛艶はみるみるうちに悪くなっていくと言われています。健康的な犬はやはり毛並みが美しくきれいなので、毛並みの悩みを抱えている時にも魚メインのドッグフードはおすすめなのです。

オメガ3はお肉には含まれない成分になるので、魚メインのドッグフードの魅力とも言えますね。

DHAやEPAが認知症予防になる

 魚ならではの成分として、DHAやEPAも挙げられます。私たち人間にとっても良い働きをしてくれる成分になりますが、犬にとっては認知症の予防につながります。それぞれの成分は、以下のように愛犬の体に働きかけてくれるのです。

DHA・・・脳の発達を促し認知症を予防、視力の低下予防など

EPA・・・高血圧や血栓の予防、抗炎症作用など

 認知症の症状が気になる時や予防の際に、魚メインのドッグフードは活用できるでしょう。

魚メインのドッグフードとお肉メインのドッグフードの違いは?

 数多くのドッグフードがある中で、原材料で分けると魚メインとお肉メインとに分けることができます。では、両者の違いにはどんなものが挙げられるのでしょうか?

アレルギー対策に利用できるかどうか

 両者の違いの一つ目として、アレルギー対策ができるかどうかという点が挙げられます。いつどんなタイミングで現れるかわからないアレルギー症状ですが、肉類である牛肉や鶏肉、穀類にあたる小麦などで発症するケースが多くなっています。

 その点、魚メインのドッグフードであれば肉を含んでいないので、肉アレルギーに対応できるのです。さらに、グレインフリーになっていると、穀物アレルギー対策にも活用できます。

 このように、アレルギー対策ができるかどうかという点が、両者の違いの一つ目と言えるのです。

カロリーにも違いがある

 一般的に、お肉メインのドッグフードより魚メインのドッグフードの方がヘルシーに仕上がっています。よって、ダイエット中の犬や消化の際に負担をかけたくない老犬にとって、魚メインのドッグフードは利用しやすいでしょう。

 お肉メインのドッグフードは、原材料に使用する肉類を調整しても、ある程度のカロリーは摂取することになります。良質かつヘルシーなタンパク質を摂取したいという時に、魚メインのドッグフードはおすすめです。

魚メインのドッグフードのデメリットはあるの?

 魚メインのドッグフードとお肉メインのドッグフード、それぞれの違いを見ていると魚メインのドッグフードの方にメリットがあるように思われます。その一方で、デメリットはないのでしょうか?ここでは、魚メインのデメリットについて紹介していきましょう。

腹持ちが悪くなる

 魚メインのドッグフードには、白身魚を使用していることが多いです。この白身魚は肉類に比べて脂質が少ないため、次の食事まで待てなくなってしまうことがあるのです。ここから、魚メインのドッグフードのデメリットとして、腹持ちの悪さが挙げられます。

 脂質が少ない分お腹が空きやすくなるので、魚メインのドッグフードを選ぶ際に脂質量に注目するのも良いでしょう。たとえば、魚の中でも比較的多くの脂を含むサーモンなどが配合してあるドッグフードを選ぶと、腹持ちの悪さについても少しは改善できます。

食いつきも悪くなることが多い

 魚メインのドッグフードを与えている飼い主に多い悩みとして、愛犬の食いつきの悪さが挙げられます。基本的に肉食である犬にとって、魚は物足りなく感じてしまうのでしょう。

 嗜好性という面においても、肉メインのドッグフードよりはやや劣ってしまいます。食いつきが悪いのを目の当たりにすると、せっかくの食事が楽しめないようにも思われ、飼い主としては罪悪感も感じてしまうでしょう。

 魚メインのドッグフードを選ぶ際には、嗜好性を追求したものをチェックするのも大事と言えます。

何の魚か不明なことがある

 魚メインのドッグフードの成分表示を見ると、白身魚とだけ記載してある商品があります。白身魚にも種類があるため、タラやカレイなど詳しく魚の種類が書かれている商品に注目しましょう。

 犬にとって欠かせないタンパク源が不明なのは飼い主としても気になるところなので、魚メインのドッグフードを選ぶ時には魚の種類についても忘れずに確認しましょう。

魚メインのドッグフードの安全性や選ぶ時のポイント

 魚メインのドッグフードを選ぶ時、安全性に考慮しながら納得のいくものを見つけたいと考える飼い主が多いはずです。そこで、どのように商品を選べば良いのかというポイントについて、いくつか紹介します。

魚の種類は必ず確認しよう

 魚メインのドッグフードのデメリットとして魚の種類が不明であることがあると紹介しましたが、フードを選ぶ際には魚の種類を必ず確認するようにしましょう。魚メインのドッグフードにはタラやカレイなどの白身魚が使用されることが多いですが、その詳細についてきちんと表示されているものを選ぶと安心です。

 何の魚かわからないまま愛犬に与えるのは、不安を感じる飼い主も多いでしょう。そのような不安を取り除いて安心感を得るためにも、魚の種類はチェックしておきましょう。

添加物の有無も必須

 ドッグフードを選ぶ時には、添加物の有無も必ず確認しましょう。市販のドッグフードには、ものによっては数え切れないほど多くの添加物が含まれていることがあります。そのようなドッグフードを毎日愛犬に与えると、健康を保つことができません。

 そこで、魚メインのドッグフードを購入する際にも、添加物の有無は必ずチェックしましょう。酸化防止剤や香料など、ドッグフードに含まれている添加物は意外と多いです。長持ちさせて嗜好性を高めるためとは言え、犬にとってメリットはありません。そのため、魚メインのドッグフードにおいても無添加のものを選びましょう。

タンパク源が魚だけのものを選ぼう

 犬にとって、タンパク源は欠かせません。魚メインのドッグフードの場合、その多くが魚を中心に配合していますが、中には少し肉を含んでいるという商品も存在します。成分表示の蘭には、一般的に多く含むものから順に記載されていますが、この順番で魚がトップに来ていないまたは魚以外に肉も書かれているという場合は注意が必要です。

 肉アレルギーがある犬には危険なので、タンパク源の詳細についても確認を怠らないようにしましょう。魚の種類を確認するのと同時に、その他の肉類が含まれていないかという点もチェックすべきです。

グレインフリーかどうかも大事

 近年、穀物アレルギーの犬が増えています。そこで、魚メインのドッグフードを選ぶ時に、グレインフリーであるというポイントも押さえておきたいです。小麦やとうもろこし、大豆などの穀物が含まれていないか、成分表示を確認することも大切です。

 アレルギー持ちの犬への食事だけでなく、アレルギーの予防としてもグレインフリーのドッグフードは活用できるので、ぜひ積極的に取り入れていきたいです。

魚メインのおすすめドッグフード3選

 魚メインのドッグフードはお肉メインのドッグフードより数が少ないものの、犬の健康を考えて作られたものが多いです。最近では種類も豊富になっている魚メインのドッグフード、おすすめ商品を3つ紹介しましょう。

 どれがいいかわからないと悩んでいる人は、ぜひ3商品を見比べてみてください。品質と安全性において満足できるドッグフードを以下に記します。

アカナ「パシフィックピルチャード」

 様々な種類のドッグフードを展開しているアカナ、魚メインのドッグフードも取り扱いがあります。その中でおすすめなのが、パシフィックピルチャードです。

 食物アレルギーを持つ犬のために考案されたフードになり、タンパク源はイワシのみとなっています。魚の種類がはっきりとわかり、肉類を使用していないという点で完璧な商品と言えるでしょう。

 主原料に使用されているイワシは、産地がカナダの北大西洋とはっきり明示されているのも安心できます。魚を約50%も使用しているため、魚好きの犬はもちろんのこと、初めて魚のドッグフードを食べる犬も満足してくれるでしょう。安心のグレインフリー、添加物は最小限に抑えてあるので、飼い主にとっても信頼できる商品になっています。

 自然由来の素材からしっかり栄養を摂取することができるドッグフードであるため、毎日の食事に取り入れると健康を維持できるでしょう。

公式サイト:http://www.acanafamilyjapan.jp/

ZEN「プレミアムドッグ グレインフリー フィッシュ」

 国内で生産されているドッグフードZENから、魚メインのドッグフードが誕生しました。原材料には生白身魚と記載がありますが、タラなどを使用しています。数種類の白身魚を使用している一方で、肉類は一切含まれていません。よって、肉アレルギーのある犬にとっても安心できるドッグフードとなっています。

 小粒タイプで食べやすいので、幅広い年齢で活用してもらうことが可能です。グレインフリー、添加物は自然由来のものばかりとなっているため、愛犬にも安心して与えることができるでしょう。皮膚を健康に保つEPAやDHAもしっかり含まれているので、愛犬の毛並み改善にも効果が期待できます。原材料のおよそ90%が日本産食材となっているため、生産地の心配についても問題ないでしょう。さらに、徹底した衛生管理の元、国内の工場で製造されているという点から、余分な添加物を配合することなく安定して供給できるようになっています。エイジングケアや免疫力のアップにも活用できるドッグフードとして、多くの人に選ばれている商品です。

公式サイト:https://www.zenpetfoods.com/products/premium-dog-grainfree-fish

オリジン6フィッシュドッグ

 アカナというドッグフードと同じメーカーから販売されているオリジン6フィッシュドッグは、魚が配合されている割合が85%以上と高くなっているのが特徴です。こちらのフードには、以下6種類の魚が使用されています。

サバ/ニシン/カレイ/レッドフィッシュ/アンコウ/シルバーヘイク

 高タンパク低カロリーを実現したフードであり、グレインフリー、ヒューマングレードの原材料のみを使用という徹底ぶりからも安全性の高いドッグフードであることが理解できるでしょう。

 新鮮な状態でキッチンに運ばれた魚をたっぷり使用したドッグフードとして、犬が本来求めている栄養素もしっかり補うことができます。子犬から老犬まで幅広く利用してもらえるドッグフードなので、アレルギー持ちの犬にもおすすめです。初めてのドッグフードで食べてくれるか不安という時は、340gと少なめの量から試してみましょう。少なめから多めのまで、重さ別に商品があるので、愛犬の体重や食いつきなどから適したものを選んでみてください。

公式サイト:https://www.appledog.jp/orijen/orijenfood/orijen_6fish_adult.html

まとめ

 魚を使ったドッグフードは、高タンパク低カロリーという点が大きなポイントになります。魚に含まれるオメガ3やDHA、EPAなどによって毛並みを改善することができ、認知症の予防にもつながるとされています。

 魚メインのドッグフードも今では数が増えましたが、添加物の有無や魚の種類などを細かく確認した上で購入するようにしましょう。また、アレルギー対策として活用する際には、魚以外の肉類がタンパク質として含まれていないかという確認も行ないましょう。アレルギー対策を行なうはずが、症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

 今回紹介したドッグフードは、世界中から高品質と認められている商品です。細かい部分をチェックして、愛犬に安心かつ美味しいものを与えましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す