おすすめのドッグフード比較

モグワンの気になる成分や値段は?口コミなどについて調べてみた

246view

2019.02.26

愛犬を大切に思う飼い主さんがこだわりをもって利用するプレミアムドッグフードの中でも非常に有名なのがモグワンです。ただ、ネット上にはモグワンに対する賛否両論が溢れています。そんなモグワンの気になる成分や値段、口コミの真偽について調べてみました。

おすすめのドッグフードランキングはこちらから

 

モグワンとはどんなドッグフード?

モグワンは、ワンちゃんの食い付きを第一に考えたイギリス産のドッグフードです。

食い付きを良くするために人が食べる品質の原料を厳選し、動物性のタンパク質が50%以上になるようにした上で、穀物や着色料・香料を一切使わない、という徹底したこだわりのもとで作られています。

ヨーロッパには欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)があり、厳しい基準を設けています。モグワンは、そんな規制をクリアした工場で品質管理を徹底して作られています。加工した後に二次汚染されないようパッキングされたものが飼い主さんの手元へ届くよう工夫されているんです。

ドッグフードのかさを増しに使われて胃腸に対する負担やアレルギー問題を起こしやすい穀物を使わない工夫がされているので、犬種やライフステージを問わず食べさせられるのが魅力です。

しかも手作り志向が強い飼い主さんが自由にトッピングを乗せて食べさせることも考えているドッグフード!ワンちゃんの満足に加えて、飼い主さんの心も満たしてくれるドッグフードと言えます。

 

モグワンの安全性は?成分について調べてみた

イギリス産のプレミアムドッグフード、モグワンの成分を調べ、安全性についてチェックしてみました。

モグワンの原料をチェック!

モグワンは次のような原料から作られています。

<原料>
チキン&サーモン(56%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アルパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン、コンドロイチン、乳酸菌
【引用元】公式サイト

原料は全て人が口にできる品質のものだけが使われています。安価なドッグフードにありがちな「肉類」「副産物」「動物性油脂」などの記載がありません。人が口にしない部位肉などの部位をリサイクルした物は使われていないんです。「ワンちゃんにも人と同じ品質のものを食べさせたい!」という飼い主さんが安心できるドッグフードですね。

また、原料の半分以上がチキンやサーモンといった動物性タンパク質ですし、野菜や果物が豊富に含まれています。

さらに、ワンちゃんの成長に欠かせないミネラル類は食品添加物や飼料用の添加物として安全性が確認され、使用が認められているものだけが使われています。

モグワンは「添加物は一切使われていないドッグフードしかダメ!」という飼い主さんには向きませんが、食品添加物は私達が普通に口にしているものですし、飼料添加物も簡単・安全に必要な量を確実に摂取でき、世界的に安全性が確認されているもの。添加物全てを「ダメなもの」と考える必要はありません。

着色料や香料は全く使われておらず、素材由来の香りや自然な色のドッグフードなのも魅力です。原料は問題のない安心できるものと言えますよ。

 

成分をチェック!

次にモグワンの成分をチェックしてみましょう。

<成分>
粗タンパク質 28%
脂質 12%
粗繊維 3%
粗灰分 8%
水分 8%
オメガ6 1.63%
オメガ3 1.29%
エネルギー(100gあたり) 約344kcal

この成分量は、成長期でたくさんの栄養素を摂らないといけない子犬用のドッグフードの栄養量を満たしていますし、もちろん成犬向けのドッグフードとしても栄養バランスが摂れたものになっています。

また、オメガ6やオメガ3といった積極的に摂りたい脂肪酸も含まれているのも魅力です。脂肪は取り過ぎると肥満の原因になり、病気のリスクも高まります。しかし、脂肪は不足すると毛艶が悪くなったり、皮膚病や繁殖障害の原因になってしまいます。ですから、質のよい脂肪を適量摂れるモグワンは理想なドッグフードです。

さらに水分量が8%という完全なドライ状態なので、開封した後も光に当てないようにして衛生的な冷暗所で保存していれば1か月は保存できます。未開封なら1年以上保存ができますよ。

エネルギーも明示されているので、ワンちゃんの体調や体重、食欲などに合わせて飼い主さんが食べさせる量を調整しやすいメリットもあります。

モグワンは成分面から言っても安心・安全なドッグフードです。

 

モグワンはどんなワンちゃんに向いているの?

モグワンは全ライフステージOKのドッグフードです。飼い主さんが食べさせる量を調整し、トッピングを使ったり犬用ミルクなどでふやかしたりすることで、子犬や成犬だけでなくシニアまで食べさせることができるドッグフードです。

粒が小さいので小~中型犬におすすめ。大きなフードをガリガリ囓りながら食べたい大型犬はちょっと物足りなく感じるかもしれません。

チキンやサーモンといったタンパク源が50%以上なのでワンちゃんの食い付きは抜群です。食が細かったり、食いが悪いワンちゃんはぜひ試してみてください。牛肉や小麦などにアレルギーがあるワンちゃんも安心して食べられますよ。

なお、病気の治療中だったり、糖尿病や腎臓病などで療養食を勧められているワンちゃんは利用しないで医師の指示に従ってください。

また、お腹が特に緩くなりやすいワンちゃんの場合、タンパク質が多くてサツマイモや豆類がたくさん使われているモグワンは、胃腸の負担が大きかったりお腹が緩くなったりしやすい可能性があります。

胃腸がデリケートなワンちゃんが試す場合は、かなり少ない量からスタートして便の状態を見ながら量を増やしていくようにしてください。2~3週間くらいかけて今のドッグフードから切り替えるようにするといいですよ。

ちょっと体重が気になるワンちゃんの場合、モグワンはカロリーが高めなので食べさせる量は控えめにし、カロリーが少ないトッピングを追加して満腹感を与えてあげてくださいね。

病気のワンちゃん以外は、飼い主さんの工夫次第でピッタリのドッグフードになりますよ。

 

モグワンを実際に購入した人の口コミや評価は?

安全で幅広いワンちゃんに食べさせられるモグワンですが、ネット上では賛否両論が多いプレミアムドッグフードです。実際に買った人の口コミをみてみましょう。

<高評価の口コミ>
・ドッグフードが嫌いで人が食べるものが好きな愛犬が喜んで食べた
・香りがいいドッグフードで、警戒心が強い愛犬が嫌がることなく食べた
・粒が小さくて食べやすく、よく食べてくれる
・毛艶がよくなり、トリミングするとフワフワの毛がキレイに見える
・好き嫌いが多い愛犬が喜んで食べてくれる

<低評価の口コミ>
・フードを変えたら下痢をするようになった
・便の臭いが強くなってしまった
・便の量が増えてしまった
・全然食べてくれない
・体臭がきつくなった
・毛艶が悪くなった

評価は真っ二つに割れています。この理由を考えてみました。

まず「下痢をする」というのは、ドッグフードの切り替え方がワンちゃんに合っていない可能性が高いです。どんなにいいドッグフードであっても突然、フードを変えてしまうと効果なし!体調を崩してしまいます。

海外旅行に行ってお腹の調子が悪くなる人は多いですよね。これは今まで食べていたものと全然違うものがお腹に入ってくることで胃腸が対応しきれなくなるから。どんなにいいものでも、突然沢山食べさせてはいけません。ドッグフードを変える時は10日くらいかけて少しずつ置き換えていくようにしましょう。

次に「便の臭いが強くなった」「体臭が強くなった」という点ですが、これは動物性タンパク質や豆が多いフードだから仕方がないかもしれません。さらに、動物性タンパク質が多いフードを食べた後のボディケア(ブラッシングや耳掃除、歯みがき、入浴などのケア)が適切でない可能性があります。

動物性タンパク質を多く摂ると臭いがきつくなることはよくあることなので、それに合ったケアをしてあげれば大丈夫でしょう。臭いがきつくなっても愛犬の体調や毛艶、目の輝き、活力などがよければ「悪いドッグフード」とは言えませんし、臭いは飼い主さんの感じ方やケア次第と言えますね。

そして「食べない」という評価は「切り替え方が不適切」か「愛犬の好み」の問題と言えます。モグワンはチキンとサーモン、豆、野菜がメインです。これまでずっと、牛肉や豚肉、トウモロコシが使われていたドッグフードを食べていたワンちゃんにとってみるとモグワンは「全然食べたことが無いもの」になります。

人でも海外などで今まで全く食べたことが無いものが出されたら躊躇しませんか?慎重派のワンちゃんには、ご褒美やおやつでほんの少しずつ食べさせて慣れさせてから食事として出すようにするといいですよ。

「毛艶が悪くなった」という評価もありますが、これはモグワンの前に与えていたドッグフードの脂肪などの量が関係していると考えられます。モグワンに変えたことで以前のドッグフードと栄養バランスが大きく変わったために毛艶などの変化が見られたのでしょう。モグワンより以前のドッグフードの方が体に合っていたのかもしれません。

モグワンの口コミの賛否両論は、飼い主さんの与え方が問題だったり、ワンちゃんの好みが違ったり、体質に合ったり合わなかったりすることがあると考えられます。

どんなドッグフードにも言えることですが、与え方に注意が必要で、ワンちゃんが食べない可能性もある、と思っておくといいですよ。

 

モグワンの1袋の値段・1日あたりにするといくら?

安全で高評価も多いモグワンですが、どうしても値段が気になりますよね。モグワンの1袋の値段や1日あたりの食費を調べてみました。

<成犬の場合>
1袋(1.8kg)3,960円(税抜)→1gあたり2.2円
体重3kgの犬に1日に与える量76g→1日あたり167.2円→1か月あたり5,183.2円
体重5kgの犬に1日に与える量104g→1日あたり228.8円→1か月あたり7,092.8円

<子犬の場合>
体重2kgの子犬に1日に与える量93g→1日あたり204.6円→1か月あたり6,342.6円

ワンちゃんの体重にもよりますが、1日あたり200円前後の食費になります。1袋が1.8kgなので月2袋ほど消費することになりますから、実質的な負担は8,000円くらいになりますね。

プレミアムドッグフードとしては特別高い訳ではありませんが、安くもありません。経済的な負担が大きいと感じる飼い主さんもいるでしょう。

ただ、なかなか合うドッグフードがなくてあれこれ買い換え、ドッグフードの切り替えを繰り返す苦労を考えると、思い切ってこれくらいの負担をした方が効率がいいかもしれません。

ここは考え方次第、ドッグフードにいくらお金を出せるかによりますね。

 

モグワンの最安値は公式サイト?Amazon?楽天?

プレミアムドッグフードをできるだけ安く購入したい、というのは多くの飼い主さんの希望ですよね。モグワンの最安値は公式サイト、Amazon、楽天のどれなのかチェックしてみました。

まず、楽天にはモグワンの取り扱いがありませんでした。モグワンを買うなら、公式サイトかAmazonになりますね。

Amazonでは1袋(1.8kg)が4,968円(税込:税抜4,600円、送料込)でした。

公式サイトでは1袋(1.8kg)が3,960円(税抜)で送料が640円でしたから、公式サイトの方が安価に購入することができます。しかも3袋まとめて購入すると送料が無料になりますよ。

定期購入ならもっとお得に購入できます。

定期購入(1袋)→10%オフ:3,564円(税抜)
定期購入(2袋以上)→15%オフ:1袋あたり3,366円(税抜)
定期購入(6袋以上)→20%オフ:1袋あたり3,168円(税抜)

定期購入は、何週間ごとに送ってもらうか自分で決められるので飼っている頭数や愛犬の体重、1か月の消費量に合わせて1度に6袋以上購入しておくのがコストパフォーマンス面でいいと言えます。

小型犬でも1か月で2袋開ける計算になりますから、12週毎に6袋送ってもらうようにしておくとモグワンを切らす心配がないですし、経済的です。モグワンを安価に購入したい場合は定期購入がお勧めです。

 

まとめ

モグワンはワンちゃんの食い付きを第一に考え、着色料や香料を使わず人が食べられるグレードの原料を使って作られたプレミアムドッグフードです。

タンパク質が豊富で、穀物なし&良質の脂肪酸を含んでいる幅広いライフステージの犬に使える魅力がありますが、ワンちゃんによっては合わないこともあります。不安な方はまずはお試しで利用してください。切り替える場合は10日くらいかけて少しずつ置き換えるようにしてください。

決して安いドッグフードではありませんが、定期購入を利用すれば経済的な負担も軽くなります。賛否両論が多いモグワンは躊躇してしまうかもしれませんが、愛犬の食い付きが悪くて悩んでいる飼い主さんは一度試してみるといいですよ。

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す