おすすめのドッグフード比較

プードルにおすすめのドックフードと選ぶ時のポイントとは?

417view

2018.09.14

ドックフードはどれを選べばいいの?

「ドックフードの種類がありすぎてどれを選べばいいの?」「何に気を付けて選べばいいの?」と考えている人も少なくありません。現在、とても数多くのドックフードが販売されているため、多くの愛犬家はドックフードを選択する時に迷いが生じることも多いです。今回は、プードルのドックフードを選ぶ時のポイントとおすすめのドックフードをご紹介いたします。

プードルの体にうれしい栄養素

動物性の質の良いタンパク質

プードルは、とても毛が絡みやすい上に、毛玉もできやすいです。そのため、毛並みや毛の艶の美しさを維持してあげることが大切です。タンパク質は消化をするプロセスでアミノ酸に分解されます。しかし自ら合成することができないため、食事からの摂取が必須です。それを必須アミノ酸と呼びます。

必須アミノ酸を摂取するためには、様々な種類のタンパク質をバランスよく摂取する必要があります。また、必須アミノ酸の不足は、毛並の悪化や、皮膚の乾燥を招き毛の艶が悪くなる原因になります。動物性のタンパク質には必須アミノ酸が含まれ、そのバランスもいいものが多いです。ですから、質の良い新鮮な肉に含まれる動物性のタンパク質が豊富に配合されているドックフードを選ぶことをおすすめします。

ミネラル

また、新鮮な果物や野菜に含まれるミネラル類、その中でも亜鉛は特に毛の艶をよくするため積極的な摂取をおすすめします。とくに重要なのは銅と亜鉛です。また、リノール酸と一緒に摂取することでお互いが良い影響を与え合いさらに効果を期待することができます。銅や亜鉛は、レバーや牛肉、納豆や卵黄などに含まれていることが多いです。

必須脂肪酸

必須脂肪酸とは、細胞の膜やホルモン形成時に重要な役割を果たすα-リノレン酸やリノール酸などの物質のことを指します。必須脂肪酸は、食事から摂取しないと体の中では作りだすことができません。その中でオメガ-3系とオメガ-6系の2種類の摂取をバランスよくとることが大切です。

しかし、注意が必要なのは現代では必要以上にオメガ-6系の脂肪酸を取りやすいため、様々な病気(アトピーなど含む)の原因になっていると考えられています。必須脂肪酸の不足は、毛の艶が悪くなったり、フケが発生したりします。そのため、オメガ-6系の摂取を少し抑えながらオメガ-3系を大目に摂取することが重要です。

例えば、多くのオメガ-6系の脂肪酸が肉には含まれています。そのため、オメガ-3系の脂肪酸を多く含んでいるエゴマ油や亜麻仁油などの油を使って調理するか、またはオメガ-3系の脂肪酸が配合されているドックフードがおすすめです。オメガ-3系は熱に弱いため、ドックフードに配合されていない場合は、スプーン一杯程かけてあげるなど工夫が大切です。また、エゴマ油はアレルギーの予防にもなるためおすすめです。

ビタミン

ビタミン類は、体の中の様々な働きを調節する機能を一般的に持ち合わせています。そのため、体にとって必要な成分です。その中でも特にビタミンAとB群、またビタミンEが足りなくなると、皮膚の免疫力が落ちます。また、皮膚の角質に異常が発生し脱毛してしまうこともあります。

また、ビタミン類は足りなくても多すぎても体の中に不調をもたらす場合があるので、バランスを考えて摂取することが大切です。緑黄色野菜や果物、豚肉や大豆などに、ビタミン類は多く含まれています。ドッグフードに緑黄野菜や果物を追加トッピングすることもおすすめです。また、水分もしっかり摂取することが大切です。

気を付けたいドックフードの配合内容

消化の悪い穀物を使用していない

プードルには涙やけなど目に関する病状が多く報告されています。また、アレルギーも涙やけの原因の一つです。穀物の中のグルテンに反応をしたり、消化器官にかかる負担が影響を及ぼしたりしていることも多いです。そのため、なるべく消化器官に負担のかかる穀物を使用していないグレインフリーのドッグフードを選ぶことをおすすめします。

トウモロコシや小麦には多くのグルテンが含まれているので注意が必要です。プードルには、穀物でも玄米やジャガイモ、サツマイモや大麦、またオーツ麦などを選んで与えてあげることで、アレルギーの発生を抑制し、涙やけなどの発生を抑えることができます。

人工添加物を使用していない

プードルは、においにとても敏感に反応します。また、病気も遺伝性のものが発生しやすく繊細です。そのため、なるべく無添加で体にやさしいドックフードを選んであげる必要があります。ドックフードには、「BHA」や「エトキシン」、また「BHT」などの癌が発生する恐れのある添加物が配合されているケースもあります。

それがほんの少しの量だとしても小さい体に与える影響は大きいため注意してドックフードを選んであげる必要があります。

プードルにおすすめの「アランズのナチュラルドックフード」

アランズの理念

プードルには、アランズのナチュラルドックフードがおすすめです。自然給餌(ナチュラルフィーディング)という動物愛護において先進国であるイギリスで提唱されている理論をもとにアランズのナチュラルフードは作られています。

現代において様々な犬種改良がおこなわれても、犬はすべて同じ祖先からその性質や機能などは受け継がれ続けてきたため、祖先である野生の犬が摂取してきた成分を反映させている食事をすることがその理論の土台となっています。肉食でありながら、草食動物が食べてきた植物も栄養として取り込んできた歴史があるため、それに沿った食事をすることが健康につながるという考えです。

良質なたんぱく質、適切に調理された多様な穀物、消化の良い野菜とハーブを配合し、本来必要なものだけをバランスよく摂取することを大切にしています。自然の栄養素を摂取するため、吸収されやすく消化器官の働きの負担を減らし健康をサポートしています。 また、すべての動物の幸せを願う思いから、どのような場合においても動物実験は行っていません。

無添加とこだわりの食材

無添加素材だけを使用し、人工添加物や肉副産物、保存料や着色料、また香料も使用していません。かさ増しなどのための低品質な原材料は使用せず、消化しやすく栄養の吸収率も高い高品質な天然素材を使用しています。

また、アレルギーの原因になりやすい小麦やトウモロコシ、牛肉や豚肉、大豆や乳製品も使用していません。そのため、プードルが抱えやすい目の病気などの原因となる穀物によるアレルギーや消化器官に負担がかかる心配もありません。

また、人間が食べることも可能な高い品質のイギリス産のラム肉を55%使用しているため、質の良いタンパク質も豊富に摂取することができます。天然のハーブのパワーで食品の酸化も防止しています。亜麻仁油を使用しているため、必須脂肪酸であるオメガ-3系とオメガ-6系もバランスよく摂取することができます。そのため、プードルに必要な栄養素もバランスよく摂取することができます。

品質管理の徹底

「アランズのナチュラルドックフード」は、食べやすい小粒サイズに作られています。また、品質管理も徹底されており、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の中で厳しく定められている基準を満たしている工場で作られています。

お得な定期サービスとまとめ買いシステム

ワンちゃんの体重が6kgの場合には、1日にかかる食事代は、194円です。(1回2袋の定期コースの場合)お財布にも優しく、栄養の吸収率もとても高いドックフードを継続して無理なく購入することができます。定期コースでは、特別優待価格で購入することができます。

また、1週間から13週間まで1週間単位で届ける周期を選択できます。個数や組み合わせも自由で、内容の変更もオンラインの会員専用ページからいつでも行うことができるため、とても便利です。また、定期コースの休止や再開はいつでも可能なため、ドックフードが余ってしまい無駄になってしまう心配もありません。

さらに定期コースに加え、まとめ買いをすることでさらにお得な割引サービスや、1回の合計金額が10,000円以上で送料や代引き手数料が無料になるサービスもあります。

 

アランズナチュラルドッグフードについて詳しく見る

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す