おすすめのドッグフード比較

シニア犬用ドッグフード「ピッコロ」の成分や値段・安全性など徹底解説

146view

2019.05.14

 

シニア犬向けのドッグフード「ピッコロ」はどんなドッグフード?

 

まずはじめに、シニア犬になると運動量や基礎代謝などが若い頃よりも落ちてくるので成犬の頃を同じ食事では肥満になっていしまいます。その為、シニア犬は低カロリーでありつつ必要な栄養素を補えるドッグフードに切り替えなければなりません。「ピッコロ」は低カロリー低脂質ながらシニア犬が食事で採りたい栄養素がバランスよく入っている総合栄養食のドッグフードです。

ピッコロはモグワンやカナガン・ネルソンズなどを取り扱っている「レティシアン株式会社」という会社から販売されており、他のドッグフード同様にイギリスの品質管理が徹底された(欧州ペットフード工業連合会の基準をクリアしている)工場でで製造されているので安全面でも信頼できますね。

それではシニア犬向けドッグフードの「ピッコロ」の中身を解説していきます。

 

おすすめのドッグフードランキングはこちらから

 

ドッグフード「ピッコロ」の原材料・成分から見る、シニア犬におすすめできるポイント

まずは原材料を見ていきましょう。

原材料
骨抜きチキン生肉(29%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン(6%)、チキングレイビー(1%)、鶏脂(1%)、アルファルファ、乾燥卵、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン1,780mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1,780mg/kg、コンドロイチン硫酸1,250mg/kg、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

原材料をの70%がチキンとサーモン

シニア犬向けドッグフードの「ピッコロ」の動物性たんぱく質はチキンとサーモンで構成されています。ワンちゃんにとって大切な栄養素である動物性たんぱく質がなんと70%も入っています!そのうち新鮮な生肉は49%とかなりの含有量です。鶏肉とサーモンは牛肉や豚肉と比べても低カロリーで低脂質なのでシニアのワンちゃんに理想的なお肉です。鶏肉の脂肪酸組成(飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸)がバランスよく配合されています。また、サーモンは「アンチエイジングフード」と呼ばれ「アスタキサンチン」や必須脂肪酸の「DHA・EPA」、「ビタミン類」が豊富です。消化吸収も良くシニア犬にとって良いたんぱく質なんです。

アレルギーになりやすい穀物は不使用(グレインフリー)

老犬になると皮膚トラブルも成犬時よりも起きやすくなります。ピッコロはアレルギーになりやすい小麦やトウモロコシなどの穀物(グレイン)は含まれていません。穀物は炭水化物で、エネルギーになりやすい成分なのでピッコロではサツマイモやジャガイモ、えんどう豆が入っていて、1日に必要なエネルギー源を補っています。

サツマイモやリンゴなど食物繊維がたっぷり

シニア犬になると運動量が下がり、腸の動きなども鈍化し、便秘になりやすくなります。そんなシニアのワンちゃんは食物繊維を採る事をおすすめします。ピッコロにはサツマイモやリンゴは食物繊維がたっぷり!不溶性の食物繊維で、腸の動きを活性化させてくれます。

・人工添加物は不使用!

シニア犬だけでなく、人口添加物はワンちゃんにとっていいものではありません。人工添加物は、防止剤、着色料、合成添加物、甘味料など、ドッグフードの保存期間を伸ばしたり、食いつきを良くしたりする為に配合されています。これらの人工添加物は消化を悪くする原因になり、毛ヅヤや毛並みが悪くなる、涙やけ、下痢などの症状が出る恐れがあります。シニア犬の体に負担をかける事はできるだけ避けたいですよね。ピッコロは人工添加物は不使用!保存料には天然の抗酸化物質を使っているので、開封後3ヶ月を目安に保存する事ができます。また、ヒューマングレードのドッグフードなので食いつきを良くする為の添加物ははいっておらず、自然な食物の美味しさが味わえます。

 

関節の動きをサポートする栄養素も入っている

シニアになってくると、骨や関節も老化してきます。関節の軟骨が摩耗すると、骨と骨が直接当たり、痛みが生じてきます。関節に痛みがあると、歩くのも嫌になり、更に運動しなくなってしまいますね。そうならない為にも、ピッコロは「グルコサミン・コンドロイチン、MSMといった関節をスムーズに動かせるようサポートする栄養素が含まれています。

このように、ピッコロはシニア犬い必要な栄養素がバランスよく配合されている事が割りますね。

 

シニア犬向けドッグフード「ピッコロ」は何歳から与えていいの?

シニアのワンちゃんにおすすめのドッグフード「ピッコロ」は何歳から与えていいのか、これは公式サイトにも推奨年齢が記載されています。

ピッコロの食べ始めは7歳~だそうです。7歳は人に換算するとだいたい40代頃だそうです。なのでシニアというよりは中年といった感じでしょうか。最近の40代のヒトは元気で若々しい方もたくさんいますね。ワンちゃんもそうなのかもしれません。見た目はまだまだ元気そうで別にシニア向けのドッグフードじゃなくてもいいんじゃない?と思う方もいらっしゃるでしょう。勿論、元気なワンちゃんもいる事でしょう。ただ、ワンちゃんによって老化の始まるタイミングはバラバラですが、この時期から老化が徐々に始まります。なので明らかにシニア犬になっている前段階から、シニア犬に必要な栄養素を採る事はワンちゃんにとって悪いことではありません。なので7歳頃からシニア犬のドッグフードへの切り替えを検討してみて下さいね。

シニア犬向けドッグフード「ピッコロ」の1日あたりの給与量・給与目安

次にシニア犬向けドッグフード「ピッコロ」の1日あたりどのくらいあげればいいのかは下の表を参考にしてください。

体重1日あたりの給与量
1kg30~40g
3kg35~60g
5kg50~85g
7kg75~120g
10kg90~150g

ワンちゃんによって食べる量が違うと思います。なので、まずは目安の最小の量から始めて徐々に調整してみてください。

瘦せ気味の場合は表の基準より5%程ふやして与えましょう。

太りすぎの場合は表の基準より5%マイナス、減量させたい時は10%マイナスの量で上げてみて下さいね。

 

シニア犬向けドッグフード「ピッコロ」を買えるのは通販(公式サイト)だけ

シニア犬に最適なドッグフードのピッコロがどこで購入できるか調べてみました。

サイト販売の有無
公式サイト
Amazon×
楽天×
Yahoo!ショッピング×

 

現在シニア犬向けドッグフード「ピッコロ」を購入できるのは公式サイトのみという結果でした!

以前はAmazonでも売っていたようですが、現在は在庫なしと表示されます。楽天とYahoo!ショッピングでは検索してみても出来ませんでした。でした。 

公式サイトでは各ショッピングサイトのポイントを利用して購入はできませんが、お得な購入方法があるのでそちらをチェックしてみましょう。

 

「ピッコロ」を購入なら定期コースがかなりお得

実は公式サイトでかなりお得に購入ができます。
その方法は「定期コース」に申し込む事です。

購入数定価定期コース
1袋3,960円3,564円
2~5袋3,762円/袋3,366円/袋
6袋以上3,564円/袋3,168円/袋

まず1回のみの購入の場合、【1袋注文の場合は定価、2~5袋は5%OFF、6袋以上で10%OFF】になります。

これが、定期コースの場合、【1袋注文の場合は10%OFF、2~5袋は15%OFF、6袋以上で20%OFF】となり、通常購入よりもお得です。

1袋あたり396円ずつお得になっています。

定期コースはいつでも休止と再開が可能なので、お得に購入したい方は定期コースがおすすめですよ。

因みに、次回お届けまでの期間は1週間~13週間と幅広く設定できるので、ワンちゃんに合わせてお届け時期を選べます。

 

まとめ

 

シニア犬は体調管理が難しいです。食事面でも気を使わなければなりません。健康的に長生きしてもらう為には毎日の食事から採る栄養が必要不可欠。ピッコロはシニア犬に必要な栄養がバランスよく配合されているのでこれとお水だけでOKです!

 

気になる方は公式サイトをチェックしてみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す