おすすめのドッグフード比較

コーギーにおすすめのドッグフードとは?肥満と湿疹を予防しよう

364view

2018.09.13

コーギーの飼育では体重管理に気を付けよう

コーギーが太りやすい理由

活発でいつも走り回る。飼い主のことが大好きでいつもこちらを見つめてくる。

まるで人間の小さな子供のような性格のコーギーは今も昔も人気の犬種です。

そんなコーギーですが、実はその見た目や運動量に反して多くの犬種の中でも比較的太りやすい犬種です。そのため、ペットショップや動物病院で体重を指摘されることも多く、子犬時から老犬時まで、常に体重管理を続けていかなければならない犬種です。

コーギーが太りやすい理由の一つは食欲旺盛な犬種であること。コーギーは人間のパートナーとして牧場等で活躍してきた歴史をもつ犬種で、運動能力が高く筋肉質でスタミナがあります。そのため食欲がとても旺盛。出された食べ物をがつがつと食べていきます。

また、運動量が多い犬種であることも太りやすい理由です。コーギーは昔から運動量の多い仕事をして人間の役に立ってきた犬種。なので、食事や体質も運動をすること前提のものです。そのため、室内飼いなどで運動をする機会が少なくなるとまたたく間に太っていってしまうのです。

肥満が椎間板ヘルニアを引き起こす

この通りコーギーは太りやすい犬種なのですが、コーギーはいざ太ってしまうと深刻な障害を発症するリスクを抱えてしまいます。その障害とは椎間板ヘルニア。背骨と背骨の間にある軟骨「椎間板」の中身が飛び出して脊髄の神経を押してしまい、それによって激しい痛みや下半身の麻痺を起こしてしまう障害です。

コーギーはこの椎間板ヘルニアにかかりやすい「軟骨異栄養性犬種」です。生まれつき軟骨が弱いことに加え、長い胴を支えるために背骨に負担がかかりやすいのです。そのため、椎間板ヘルニアを避けるための配慮はコーギーを飼う上で必ず知っておく必要があります。

椎間板ヘルニアの発症を避けるための配慮の一つがまさに体重管理。長い胴の重さを減らすことで、背骨にかかる負担を減らしていこうというものです。

人間でもよく話題になる椎間板ヘルニア。その痛みの激しさ、そして深刻なものになると下半身を麻痺させてしまうという症状は何としてでも避けたいものです。背中の激痛に泣く愛犬、脊髄が圧迫され麻痺してしまい、下半身を引きずりながら歩く愛犬。そんな姿は絶対に避けなければいけません。

可愛いコーギーにそのような思いをさせないために、ドッグフードの選び方や与え方を考え体重管理をしっかりと行っていく必要があるのです。

コーギーは湿疹になりやすい。普段から皮膚の様子を気にしよう

コーギーの毛並みと日本の気候に合っていない

コーギーは元々寒いイギリス地方で飼われていた犬です。そのため、全身が長くふさふさとした毛で覆われています。また、毛が生え変わる時期も真夏と真冬なので、梅雨の時期を冬毛で過ごさなければなりません。日本の気候と生え変わりの時期がずれているのです。

ダブルコートの冬毛で梅雨を過ごす。それは人間であれば長袖を重ね着して梅雨の季節を走り回るようなものです。

コーギーを日本国内で飼育するにあたっては、湿疹が起きやすい状況で飼っている、コーギーが苦手な気候の中で飼っているということを気に留めておく必要があります。

体重管理目的の食事制限が栄養バランスを崩す

コーギーの体重管理について先程紹介しましたが、そのこととコーギーの湿疹には関係があります。

コーギーの飼育では体重管理のためにドッグフードの量を制限することがあります。その際、栄養のバランスを考えずにただただ与える量だけを制限してしまうと、筋肉や皮膚などを健康に保つことができなくなります。

コーギーは体重管理と栄養バランスを同時に考えながら飼育をするという、ドッグフードに関してはデリケートな犬種なのです。

アレルギーとドッグフードの関係

ドッグフードについてはアレルギーの問題もあります。市販されているドッグフードには人間に対しては使われないような質の低い材料がしばしば含まれており、皮膚が弱いコーギーはそれらに反応してアレルギー性の皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

具体的にはトウモロコシなどの穀物は犬の食事としては適していません。犬は本来肉食であり、大量の穀物を消化するようには体ができていないのです。そのため、人間であれば耐えられるようなダメージでも犬にとっては悪影響があります。特にコーギーはドッグフードによるアレルギーが多数報告されています。

犬種によってはそのようなドッグフードも平気で食べ続けられる種類もいますが、コーギーは比較的ドッグフードによるアレルギーを起こしやすい犬種なのです。

コーギーに与えるドッグフードの選び方と与え方

コーギーに必要な栄養素

犬は本来肉食ですので、当然必要な食材は肉類です。犬の筋肉や皮膚、毛などは主にタンパク質・脂質・ビタミンから作られます。これらは全て肉から摂取できるものです。

コーギーは体重管理の面から食事制限をすることが多い犬種。なので栄養価の低いドッグフードを選んでしまうと、炭水化物ばかりが多く摂れ、その他の大事な栄養素を必要量摂取できない事態になってしまいます。コーギーの皮膚や毛並みが荒れる大きな原因です。

コーギーにドッグフードを与える際には、栄養の比率について詳しく紹介されているもの、とりわけ低炭水化物高たんぱく質のものを選ぶと良いでしょう。

ドッグフードの品質の見分け方

ドッグフードに使われている食材の品質については、【AAFCO栄養基準】や【総合栄養食】といった基準が存在しますが、手放しで信用できるというものではありません。基準を満たすだけならば添加物を加えることでも可能だからです。

そのため、品質の良いドッグフードを探そうと思った場合、ドッグフードのメーカーの説明や信用、利用者の口コミなど、飼い主が自分で情報を集めて判断していく必要があります。質の低い穀物や油、添加物などでごまかしたドッグフードを選んでしまわないよう、コーギーに与えるドッグフードは飼い主が納得したものを与えるようにしてあげてください。

ドッグフードは適切な量を与える

次にドッグフードの与え方について。「大体これぐらいかな」と目分量で与える方法は避けた方が良いでしょう。基本的にはドッグフードのメーカーが推奨する量を体重から計算して与えて下さい。そのうえで、食べ方や残し方の様子を見たり、便の状態を見るなどしてドッグフードの量を調節すると良いです。ちなみに便の状態の見方ですが、便が柔らかいと食べ過ぎ、硬いと食べたりないということです。

ドッグフードの選び方や与え方を適当に済ませるような育て方をした場合、椎間板ヘルニアや皮膚病になって苦しむのはコーギーです。愛犬の幸せを願うのであれば、食事には気を使ってあげてください。コーギーはそういう犬種です。

コーギーにおすすめのドッグフード

ネルソンズドッグフード

ネルソンズはイギリスで作られているドッグフード。全ての犬種の7か月から7歳までに対応しています。

ネルソンズドッグフードはコーギーに求められる栄養素や安全性をしっかりと満たしています。動物性たんぱく質をチキンベースで豊富に含んだネルソンズドッグフードを使えば、コーギーに高たんぱく低炭水化物の食事をさせることができます。また、アレルゲンである消化の悪い穀物は全く使われていません。さらには添加物も使われておらず、製造過程も全て公式サイトで紹介されています。

鮮度についても問題ありません。ネルソンズドッグフードは注文を受けてから製造し、速やかに発送するというシステムでドッグフードを作っています。工場で大量に作り置きされたものが届けられるという心配はありません。

ネルソンズドッグフードは、コーギーを飼うにあたって配慮しなければならない肥満とアレルギー湿疹の対策をしっかりと行うことができる、大変優れたドッグフードです。受注生産のためお店には並んでいませんので、公式サイトから発注してください。

ネルソンズについて詳しく見る

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す