おすすめのドッグフード比較

安全なオーガニックドッグフードの選び方とおすすめ3選

370view

2019.02.26

 

 

 犬を飼っている家庭が増える中で、大切な家族の一員である愛犬には安全なものを食べさせたいと考える人が多いです。たくさんあるドッグフードの中から、原材料や添加物の有無などをチェックして吟味している人も多いでしょう。

 現在では健康志向の飼い主が増えていくのと同時に、安全なオーガニックドッグフードの数も増えていっています。オーガニックドッグフードとはどのようなものなのでしょうか?犬におすすめの理由や選び方、厳選した3商品のご紹介をします。

おすすめのドッグフードランキングはこちらから

 

オーガニックのドッグフードってどんなもの?

 人間の食べ物においても注目されるようになったオーガニックという言葉は、ドッグフードでも使われるようになりました。では、オーガニックとはどのような意味を指すのでしょうか?また、オーガニックのドッグフードとはどんなものなのでしょうか?

オーガニックとは?

 オーガニックとは、有機という言葉と同じ意味を指します。農薬や化学肥料を使用せず、自然の力(太陽や水、土など)を活用して育てた野菜や穀類などの食材になります。微生物が自然界の有機物を分解し、それを吸収して植物が育つというサイクルの中で私たちが生きていくために欠かせない食べ物が出来上がるのです。自然なくしてはできない食材を、自然の力でしっかり育て上げようというのがオーガニックの主な目的となっています。

 現在では、農薬や化学肥料の他に環境ホルモンや遺伝子組み換え技術といった問題点も浮上しているため、ますますオーガニックという言葉も注目されるようになっているのです。

オーガニックのドッグフードについて

 オーガニックという言葉は自然の力で食材を育てるという意味を含んでおり、これは人間の食べ物だけでなく、犬たちが口にするドッグフードにおいても適用されています。原産地や栽培方法にこだわり、本当に安心かつ信頼できるもののみを使って作られているドッグフードという特徴があります。

 現在出回っているドッグフードの中には、手頃な価格で購入できる商品もたくさんあるでしょう。しかし、それらのドッグフードには多くの添加物が含まれている可能性があり、原材料の生産地や質に関しても不安を感じることがあります。愛犬には安全なものを与えたいという思いを持つ飼い主が増えている今、オーガニックのドッグフードも人気を集めています。

 一般的なドッグフードに比べて、オーガニックのドッグフードは価格が高い傾向にあるのは事実です。しかし、原材料の一つ一つに納得できるものが使用されており、長くに渡って愛犬に与える際に安心できるという点から、多くの人に選ばれるようになっているのです。

オーガニックドッグフードが良い理由は?

 オーガニックドッグフードの商品が増えつつある中で、愛犬のドッグフードを見直してみよう、いつまでも長生きしてもらいたいという思いを抱く人も多いでしょう。オーガニックという言葉があると安心できるという事実はありますが、なぜオーガニックドッグフードは良いのでしょうか?その理由をいくつか紹介します。

安心の無添加

 オーガニックドッグフードにおいては、添加物を使用せずに作られています。粗悪で安価なドッグフードの多くには、たくさんの添加物が含まれています。しかし、オーガニックドッグフードでは、着色料や保存料などの添加物を使用せず作っているので、愛犬の毎日の食事にも最適と言えるのです。

 添加物による体への影響は、まだはっきりと解明されていない部分も多々あります。そのような危険性も潜んでいるため、極力摂取しないのが一番です。その点、無添加となっているオーガニックドッグフードは安心して食べさせることができるでしょう。

生産地や製造過程において信頼できる

 オーガニックドッグフードとして販売されている商品は、生産地にこだわるだけでなく栽培方法に関しても徹底しています。農薬や化学肥料を使わずに栽培しているため、愛犬に危険な成分を与えずに済むでしょう。実際にオーガニックドッグフードに関しては、生産地の記載が詳しく書かれているものが多いので、いろんな商品を見比べながらより安心できるものを選ぶこともできます。

 また、自然の力で育てられた食材をどのように製造されるかという点も、オーガニックドッグフードにおいては大きなポイントとなります。工場の衛生管理がきちんとできていないと、本当に高品質なドッグフードとは言い切れません。また、ドッグフードに使用される肉類に関して、どのような状態の動物たちが使用されているかも不明です。病気で死んでしまった動物が使われているかもしれませんし、安楽死の際に毒ガスを吸っているおそれもあります。そのような様々な観点から細かくチェックをし、本当に安全だと言えるドッグフードを選ぶことが大切です。細かく正直に記載されているドッグフードに関しては、安心して与えることができるでしょう。

病気に負けない丈夫な体を維持できる

 原材料の栽培方法や製造過程などにおいて信頼できるオーガニックドッグフードを食べていると、愛犬の健康状態も良好になります。添加物を多く摂取していると、発がん性も高くなりますし、どんな病気に襲われるかわかりません。また、原材料を育てる上で使用されているかもしれない農薬に関しても、犬の体にどのような悪影響を及ぼすかはっきりしていない部分もたくさんあります。

 その点、オーガニックドッグフードは、農薬や添加物などを使用していないとして信頼できると同時に、病気に負けない丈夫な体を維持することができます。毛並みや皮膚の状態が改善されるだけでなく、健康的な体重を維持できるようになり長生きすることもできるでしょう。愛犬と長く一緒に過ごすための方法の一つとして、オーガニックドッグフードはおすすめです。

オーガニックドッグフードの安全性をチェックするポイント

 オーガニックドッグフードは安全性が高く、信頼できるドッグフードと言えます。では、実際に商品を選ぶ際にはどのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?本当に信頼できるオーガニックドッグフードを選ぶためのポイントを紹介します。

オーガニック認証を受けているかどうかも大事

 オーガニックドッグフードと紹介されている商品において本当に安全かどうか見極めるポイントとして、オーガニック認証を受けているという点が挙げられます。主原料となるチキンや鹿肉などが化学肥料や農薬を使わずに飼育されてきたか、また大豆などは遺伝子組み換えではないかといった点が審査の基準となっているのです。

 そして、国によって表記方法は異なるものの、原材料がすべてオーガニックであるものに関しては、「オーガニック100%」と記載されていることがあります。また、成分表示のところで、オーガニックチキンや有機鶏肉といった表示をするよう義務づけられている場合もあるので、その部分も確認すると良いでしょう。

 日本においてはドッグフードにおけるオーガニック認証機関が、他の国に比べて遅れがちです。犬の健康を守るためにも、原材料へのこだわりを徹底していきたいところですね。

添加物の有無のチェックは必須

 オーガニックドッグフードを選ぶ上で参考になるオーガニック認証の有無と合わせて、添加物の有無も必ずチェックしましょう。確認したつもりでも添加物が含まれていたということがあるため、一つずつ確実にチェックしていく必要があります。

 特に注意してもらいたいのが、危険酸化防止剤です。ドッグフードの酸化を防ぎ長持ちさせるために使用されていることが多く、エトシキシンやBHAといった成分が表示されている商品は選ばないようにしましょう。人間の食品においては使用が禁止されている成分なので、愛犬にも与えないようにしたいです。

 その他に、人工甘味料が添加されている可能性もあります。ソルビトールやキシリトールといった文字を見かけたら、避けるようにしましょう。

グレインフリーのものを選ぶ

 オーガニックドッグフードを選ぶ際には、オーガニック認証や添加物の有無が重要ですが、それと合わせてグレインフリーのものを選ぶのも大切です。オーガニックと紹介されている商品の中には、うっかり穀物を配合しているものもあります。食物アレルギーを発症してしまう恐れがあるため、穀物が入っていない商品を選ぶようにしましょう。

塩や砂糖が入っていないものを

 オーガニックドッグフードにおいて、塩や砂糖についてもオーガニックだからと使用されていることがあります。この塩や砂糖は、犬にとっては必要のないものです。そのようなものがうっかり入ってしまっていないか、オーガニックという言葉を鵜呑みにせず、しっかり確認しておきましょう。

 

おすすめのオーガニックドッグフード3選

 オーガニックドッグフードと呼ばれる商品を選ぶ上でも、外せないポイントがたくさんあることがわかりました。そこで、一つ一つ調べるのは大変、おすすめ商品を知りたいという人のために、3つのオーガニックドッグフードを厳選しました。ぜひ、公式サイトで詳細を確認してみてください。

ヤラー 100%オーガニックドッグフード

 3ヵ国において、100%オーガニック認証を受けているドッグフードとして、信頼できる商品がヤラーの100%オーガニックドッグフードです。オランダ、スウェーデン、ノルウェーの3つの国で、しっかりとオーガニックの認証を受けています。

 主原料に使用されているチキンは、自然の中でストレスなく育ったもののみを使用しており、低脂質でカロリーも抑えてあるのが特徴的です。チキンには、ホルモン剤や抗生物質なども投与されておらず、穀類や野菜類に関しても農薬などを一切使用していません。さらに、酸化防止剤も使用していないため、愛犬の毎日の食事に安心して出すことができるでしょう。

 実際に利用した人の多くが、涙やけや毛並みが改善された、食いつきが良くなり便の状態も良好などと嬉しい感想を寄せています。600gと少量からの用意があるので、初めて愛犬に与える際にも気軽に購入できるでしょう。

 

ヤラー(Yarrah)オーガニックドッグフード チキン600gヨーロッパユニオン / ドイツ、フランス、オランダの厳しいオーガニック基準をクリアした高品質と安心をお届け!あなたの愛犬のフードには「認証」がありますか?

価格:1,760円
(2019/2/26 19:19時点)
感想(3件)

C&Rオーガニック

 厳しく設定された自社のオーガニック基準を見事クリアした商品が、こちらのC&Rオーガニックです。

 公式のオーガニック認定よりも細かく厳しい審査を設けており、原材料から製造過程までのすべてにおいて基準をクリアしています。もちろん、添加物も使用されていません。主原料に用いられているのは牛肉とラム肉になり、ミネラルや食物繊維もバランスよく配合されています。

 タンパク質の割合がやや低めになっているので、多くの栄養とカロリーを必要とする子犬には少し不向きとなっています。

C&R オーガニック ドッグ 2.27kg 【旧SGJプロダクツ ピュア・オーガニック】 ○

価格:4,633円
(2019/2/26 19:16時点)
感想(30件)

Forza10

 イタリア生まれのドッグフードForza10は、イタリアとノルウェーの2ヵ国においてオーガニック認証を受けています。無農薬の原材料にこだわり、主原料に使用している魚に関しても環境汚染の心配がないものを使用しているという徹底ぶりです。

 ホルモン剤や遺伝子組み換えの素材は一切使用せず、穀物アレルギーにも配慮した商品が人気となっています。様々な商品があるForza10ですが、愛犬の気になる体調から選んでいくと良いでしょう。すべての商品において添加物などは使用していないため、安心です。

 製造過程においても衛生管理を徹底し、粗悪なものは排除するようにしているので、飼い主にとって信頼できるドッグフードメーカーと言えるでしょう。

フォルツァ10 リナールアクティブ 犬用(8kg)【フォルツァ10(FORZA10)】

価格:10,584円
(2019/2/26 19:24時点)
感想(1件)

まとめ

 手軽に購入できるドッグフードがたくさんある中で、添加物や農薬などの危険性に配慮したオーガニックドッグフードが注目を集めています。厳しいオーガニック認定を受けたドッグフードは、愛犬の体をより健康的な状態へ導いてくれます。

 オーガニックドッグフードと呼ばれる商品が増えているのも事実ですが、原材料一つ一つに目を向け納得した上で購入しましょう。また、グレインフリー、無添加といった点にも注意して成分を確認していくと、より信頼できる商品と出会うことができます。愛犬にとって、ドッグフードは毎日食べるものです。自然のもののみを使用したオーガニックドッグフードで愛犬が長生きできるよう、飼い主がしっかり確認してあげましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめドッグフードを探す